肥満の女性
公開履歴
ダイエットが成功した女性

ゼニカルが、あなたの痩せたいという願いを叶えてくれます。ゼニカルは主に肥満の方に処方されている医薬品であり、食事から摂取した脂質の吸収を阻害して排泄する特徴を持つことからダイエットにも効果があると期待されています。まさに痩せたいならうってつけなのですが、一般的な医療機関では扱っていません。そのため肥満外来のある病院や通販を利用して購入される方が多いです。飲むだけで痩せるという夢のようなゼニカルは、どのような特徴や作用があるのか、詳しく探っていきます。

ゼニカルなら痩せられる理由

ゼニカルを飲むと痩せられるのは、有効成分オーリスタットを配合しているからです。あまり聞き慣れない成分ですが、作用を担う重要な役割があり、すでに高い効果を発揮しています。具体的には、アメリカの治験では1年間の投与を受けた人の内、約60%が体重5%減少に成功しており、さらに27%が10%減少しているほどです。

有効成分オーリスタットを服用すれば、食事制限や運動いらずに痩せられることでしょう。オーリスタットが腸内の消化酵素リパーゼに作用することで脂肪の吸収を選択的に阻害、脂肪分をそのまま排出してくれます。

脂肪分は炭水化物やタンパク質とならぶ三大栄養素であり、同時に最も高いカロリーを持つことで知られています。1日の摂取カロリー約2000kcalのうち20~30%に相当する400~650kcalが、脂肪分によるものだとされており、その分の摂取カロリーをまるごと減らせば確実に痩せられるのです。

一般的なダイエットだと適度な運動や食事制限が欠かせません。消費カロリーを増やすには運動で基礎代謝を上げなければなりませんし、摂取カロリーを減らすには食事制限が必要になります。カロリー摂取と消費との差し引きをマイナスするのが、ダイエットの肝といえるでしょう。

しかし、食事制限や運動によるダイエットは、長期の持続性と忍耐力を要するため挫折する方も多くみられます。食べたいものを食べられないことでのストレスが溜まりすぎると、ドカ食いしてしまったり、その罪悪感からダイエットを諦める方もいます。

また運動も持続するのに根気がいります。まず運動する時間を取れなかったり、早朝のジョギングよりも睡眠時間を優先しなければならなかったり、自宅での筋トレや運動に張り合いがない、だからといってスポーツジムなどは人の目が気になってしまう、といった様々な理由から続けられないことが多くなっています。

一般的なダイエットには、食事制限と運動を習慣化しなければなりませんが、思うほど簡単なことではありません。このようなときに飲むだけで痩せられるオーリスタットを利用できれば、食べたい物ものを食べられないストレスと葛藤したり、運動を続けるという手間を省いてくれますのでゼニカルを通販して本気でダイエットしてみるとよろしいです。

ゼニカルの飲み方は?

飲むだけで痩せるゼニカルですが、用法用量が定められているため決められた飲み方があります。しかし一般的な服用薬と変わらないので難しく考えなくても大丈夫です。

基本的な飲み方は、1日服用回数は1~最大3回で、1回につき1カプセル(120mg)、服用間隔は必ず2時間あけます。飲むタイミングは食事中か食事後1時間以内をおすすめします。特に注意してほしいのが服用数です。飲み忘れたとしても1回につき1カプセルのみを服用し、忘れた分と合わせて2カプセルや1日分まとめて3カプセル服用してはいけません。朝昼晩の食事後に服用するのが、安全に利用するポイントです。

ゼニカルには副作用もあります。三大栄養素の一つである脂肪分の吸収を阻害するため、肌がカサカサになりがちです。脂肪分を排出する際に脂溶性ビタミンも一緒に排出するため、ビタミンA・D・E・Kやβカロテンなどが不足がちになります。この他にも消化器官にまつわるものが多くあり、排泄時にガスがでる、脂肪分を含む便がでる、お腹がゆるくなる、排便回数が増える、おならを出したつもりなのに脂肪分がでてしまったなど、消化器関係にまつわる副作用が多いです。

ゼニカルには、使用禁忌も定められています。まずオーリスタットに過敏症の方、未成年や65歳以上の高齢者、妊娠中や授乳中、胆石症や治療を受けている、肝臓や腎臓疾患がある、必須栄養成分の吸収力が弱い方や慢性吸収不良症候群、熱帯性スプルー症候群や突発性脂肪便症の方などは、飲んではいけません。

また、糖尿病や甲状腺疾患、抗血栓薬いや血液抗凝固薬を服用している方は、医師に相談してから利用してください。併用禁忌薬としてワーファリンなどの抗凝血剤、アミオダロンやシクロスポリン、レポチロキシンや抗てんかん薬を服用している方も、飲んではいけません。

ゼニカルは、摂取した脂肪分の吸収を阻害することで摂取カロリーを大幅に減らせるという特徴があります。運動や食事制限をせずとも痩せられるため、ダイエットを目指す方にとって夢のような存在ですが、安全に使用するには用法や用量を守り、副作用などに注意してください。